手汗治療プログラム(SCM) 小森 正裕 手掌多汗症が治る

多汗症の種類 1 

手汗(手掌多汗症)は多汗症という疾患の一つになります。

 

 

人間の身体は暑い日などに汗をかくことで熱を逃し、適切な体温を調節するようになっていますが、その体温調節に必要な範囲を超えて、気温にかかわらず異常な量の発汗をしてしまう症状が多汗症です。

 

 

まず多汗症には、原因別に続発性多汗症原発性多汗症の2つの種類があります。

 

 

続発性多汗症は何らかの疾患(病気)や服用中の薬が原因となって引き起こされる多汗症です。

 

 

もう一方の原発性多汗症は基礎疾患がなくても起こり、原因が特定されない多汗症です。

 

 

また、多汗症を汗をかく部位別に分けると、全身性多汗症局所性多汗症に分けられます。

 

 

その名の通り全身性多汗症は全身から汗が多く出る症状で、局所多汗症は脇の下や手や足の裏など局所的に汗をかく症状です。手汗治療プログラム(SCM)で取り扱う手掌多汗症はこの局所多汗症に含まれます。

 

 

 

 これら様々な多汗症の種類のうち最も多いのが「原発性局所多汗症」(原発性+局所の多汗症)です。

 

 

 

原発性局所多汗症は欧米では難治性疾患と認識されて診断や診療についてのガイドラインが作られていましたが、
日本でも、2010年に日本皮膚科学会により「原発性局所多汗症診療ガイドライン」が作成されました。

 

 

手掌多汗症を含む「掌蹠(しょうせき)多汗症(手足が発汗する多汗症)は原発性局所多汗症の中でも多く、軽度のものも含めますと日本人の20人に1人がこの症状であると推測されています。

 

 

 

掌蹠多汗症は一般に足よりも手の症状の方が多いのですが、手に発症すると5割の確率で足にも発症してしまうと言われています。最初は軽度でも症状が酷くなるとそれに伴い生活や社会的な苦痛は増してしまいますので出来るだけ早めに改善したいところです。

 

 

しかし、手術や薬は副作用のリスクがありますので、ご検討は慎重にされた方が良いでしょう。その前に、安全で全額返金保証付きの手汗治療プログラム(scm)をお試しになられる事をお勧めいたします。

 

 

→手汗治療プログラム(SCM) 小森 正裕 TOP

 

関連ページ

手汗のレベル
手汗はその症状によって3段階にレベル分けされています。
発汗の種類
手汗治療プログラム SCMは物理的、精神的の両側面からのアプローチで治療を行うため効果的なのです。
子供の手汗にもSCM
幼い子供の手汗改善には、まずリスクのない手汗治療プログラム SCMから始めてみましょう。