手汗治療プログラム(SCM) 小森 正裕 手掌多汗症が治る

子供の手汗にもSCM

自分の子供の手汗が多いことで心配な親御さんも多くいらっしゃるようです。

 

確かに中学生以下の子供に手汗の症状が見られることは少なくありません。

 

 

その理由のひとつとして、子供や若い人は新陳代謝が活発なため、大人よりかなり汗をかきやすいということが挙げられます。
反対にお年寄りになるとあまり汗をかかなくなりますね。

 

 

 また、幼少期から思春期にかけては、人生経験もまだ少なく精神的な未熟さや人間関係など環境による影響、成長におけるホルモンなどの影響で情緒も不安定になることが多く、そういったストレスが原因となって自律神経の働きが不安定になり、手汗や多汗症の原因になってしまうことも少なからずあるようです。

 

 

 しかしこれらの現象は子供が大人へと成長する中での健全な過程であり、手汗なども大人になるにつれ自然に改善されていくことも多いので、症状が極端に生活上障害を感じる程でなければ、それ程心配する事も無いでしょう。

 

 

実際にレベル1程度の手汗でしたら多くの子供に見られるようです。

 

 

 もし子供の手汗や多汗症が気になる場合、生活環境のストレスが原因である可能性もありますので、就寝時間や食事の時間が不規則だったり、習い事や塾などのスケジュールが忙しすぎたり等、生活の中で必要以上にストレスを受けてしまうような状況が見られるようでしたら、それらを改善していくことで自律神経のリズムが安定して手汗の症状も緩和されて来る可能性も大いに有り得ます。

 

 

 しかし異常に手汗のレベルが酷く、それが原因で日常生活に支障があったり手汗が原因で更に対人関係へのストレスが負担となってしまっているような場合は治療の必要があるでしょう。

 

 

 手汗の治療のひとつとしてはETSという交感神経を切除する手術がありますが、これは代償発汗(手術で胸部交感神経を切除し腋や手の汗を止めた後、その副作用で背・腰・腹・大腿部などから大量の汗が出てしまう症状)の恐ろしい副作用などのリスクもあることから、特に子供への手術は薦めない医師が多いようです。

 

またボトックス注射で一時的に手汗を止める方法もありますが、こちらも同じように副作用の危険性と高額な費用が継続して掛かるということから、あまり現実的な対処方法とは思えません。

 

子供の手汗にはまず環境の見直し、そしては具体的な手汗改善でしたら副作用や体への害や高額な治療費というリスクが無く、自分自身で安全に手汗を改善出来る手汗治療プログラム(SCM)を行うのがよいでしょう。

 

 

 

関連ページ

手汗のレベル
手汗はその症状によって3段階にレベル分けされています。
多汗症の種類
手掌多汗症を含む多汗症の原因や部所別種類について。
発汗の種類
手汗治療プログラム SCMは物理的、精神的の両側面からのアプローチで治療を行うため効果的なのです。